新酒出荷開始です!「辯天 純米大吟醸 生原酒 出羽燦々」

「やまがたの生」の理由 ~食をめぐる大切なこと~

冬の寒さも、一番厳しい頃を迎えておりますこの頃、皆さんお変わりないでしょうか?
山形は例年通り、厳しい寒さの中、仕込みがつづいております。

人が、一生で食事をする回数は「約90,000回」といわれております。

多いでしょうか?
少ないでしょうか?

人によって、様々ですけれど、まだ40,000回くらいの方、もう半分の回数くらいを終えている方、いらっしゃることとおもいます。毎回の食事の内容は別としても、その回数、食べる役目の大半を担っている「歯」も大したものだなぁとおもいます。
そして、甘い、辛い、苦いなどの味を感じる「舌」もそうですよね。

当蔵では、今回久しぶりに新商品を出荷開始いたしました。

w05dewa_nama 「辯天 純米大吟醸 生原酒 出羽燦々」

どんな料理にも合うようにと考え、県内産の酒造好適米を使用し、50%まで磨きあげました。
スッキリとした飲みくちを大切に、酵母の発酵そのままに「生きている酒」の味を楽しんで
いただきたいと、搾りたてで瓶詰めいたします。

「やまがたの生」を食卓に添えて、お食事と一緒に召し上がっていたたけると幸いです。

「辯天 純米大吟醸 生原酒 出羽燦々」詳細はこちらから